不動産についてのご相談が気軽にできるサイトです。

不動産取引は複雑です、当センターにご相談いただき素晴らしい
ライフプランを見つけてください。
茨城県筑西市・結城市・古河市・つくば市・桜川市の不動産売却相談を受け付けます。

不動産売却Q&Aについて?

ご注意!
 このページでは、皆さんが少しでも理解しやすいように言葉を変えて、解りやすく説明する反面、お客様によっては解釈の違いも出てきます。
 ここに書かれていることは自己責任にて参考にしていただくのは結構ですが、正確な情報はそれぞれの専門家にご相談いただくか、弊社へ直接にお問い合わせください。

【売却について】

Q1.まず何をすればよいのでしょうか?

Q2.権利証が見当たらないのですが、どうすれば良いでしょうか?

Q3.手続きは煩わしくないですが?

Q4.古い家は売れますか?

Q5.広い土地も売却できますか?

Q6.抵当権や根抵当権の設定されている土地の売却はできますか?

Q7.お隣との境界が不明なのですが、売却できますか?

Q1.まず何をすればよいのでしょうか?

A. 売却について、お気軽にご連絡をください。担当者が、お客さんのご要望・条件をお伺いします。わかる範囲で回答いたします。なお、売却を前提とした査定は無料にて行う場合があります。

Q2.権利証が見当たらないのですが、どうすれば良いでしょうか?

A. 事前通知制度や司法書士による本人確認制度などがありますので、早めに担当者にご相談ください。

Q3.手続きは煩わしくないですが?

A. 物件の調査・査定・販売価格の設定・購入希望者への案内と、専門的な事や複雑な手続きは多いのですが、初めて不動産を売却するお客様でもご理解頂けるように解りやすく説明します。そして、お客様が内容をご理解して頂いてから、不動産取引は進行しますし、取引終了までサポートさせていただきますので、ご安心ください。

Q4.古い家は売れますか?

A. 築年数の経過している古い家や他社で査定していただけなかった物件でも、ご相談ください。弊社には古い家でも購入し利用したいとの購入希望者がいらっしゃいます。また、古い建物の解体費用を負担するように言われてしまった売主の方も一度、ご相談ください。

Q5.広い土地も売却できますか?

A.可能です。道路との関係や地形にもよりますが、大きなまま使用するお客様の他にも住宅用にと複数の方に販売することも可能です。
宅地建物取引業者ではない、一般の方が不特定多数の買主に反復して売却することが認められていませんので、宅地建物取引業者が買い上げてそれぞれのお客様へ販売することが必要です。

Q6.抵当権や根抵当権の設定されている土地の売却はできますか?

A. 可能です。金融機関等の債権者(設定者)との話し合いは必要ですが、弊社でも数多く売却させていただきました。

Q7.お隣との境界が不明なのですが、売却できますか?

A. 隣地との境界が不明の場合には、境界確定の測量を行いますが、購入希望者が現れた後に行いますので、先に費用が掛かるようなことはありません

【農地について】

Q1.農地は安いんですか?

Q2.農地転用ってなんですが?

Q3.登記簿の地目・現況の見た目も草むらですが、農地ではないのでしょうか?

Q4.農地を相続したのですが、売れますか?

Q1.農地は安いんですか?

A. 農地でも、宅地並みの売買も行われています。埋め立ては必要とか、土留めが必要とかも条件になりますが、なぜ高く売れるのかはいろいろな条件があります。また、なぜ安いのかも同じように条件がありますので、お電話ください。

Q2.農地転用ってなんですが?

A. 登記簿の地目や現況の見た目が農地ではないとしても、農地の届け出が出ている場合がありますのでご注意ください。農地の届け出は出ている場合には、そのままで売買することはできません。農地法は複雑な法律ですし、罰則もあるので不明な点は、ご相談ください。

Q3.登記簿の地目・現況の見た目も草むらですが、農地ではないのでしょうか?

A. 物件の調査・査定・販売価格の設定・購入希望者への案内と、専門的な事や複雑な手続きは多いのですが、初めて不動産を売却するお客様でもご理解頂けるように解りやすく説明します。そして、お客様が内容をご理解して頂いてから、不動産取引は進行しますし、取引終了までサポートさせていただきますので、ご安心ください。

Q4.農地を相続したのですが、売れますか?

A. 相続で農地の所有者になる方は多くいらっしゃいます。多くの方は、農地をして使用する予定もなく代理で作物を育ててくれる人へお願いしています。その様な土地でも、販売活動をすることで土地を有効に使用してくれる買主・土地に価値を見出している買主が現れれば、良い条件で売却できることになります。

【住宅ローンが払えない】

Q1.住宅ローンが払えない?

A. せっかく手に入れた住宅、出来ればずっと住み続けていたいのでは当然です。しかし住宅ローンがどうしても払えなくて、金融機関から一括返済請求が来ているなら、住宅を手放すしかないでしょう。 金融機関による競売申立は絶対に避け、任意売却を行うべきです。

Q2.任意売却ってなんですが?

Aお客様にとってメリットが多くあります。 不動産競売は金融機関等の申立により、不動産鑑定士が査定し、市場価格より安い金額で入札を開始します。その後、落札者に所有権が移転し立ち退きを迫られます。任意売却は、不動産業者などが買主を探し、金融機関と協議しながら売却の手続きを行いますで、時間的にも条件的にも売主様にメリットが多く発生します。

Q3.任意売却のメリットは?

A.価格が違います。 不動産競売の場合と任意売却場合ですと売却価格に違いがでます。当然に高く売却できる任意売却の方が住宅ローの残金も少なくなるメリットがあります。 A.明渡の時期 競売の場合は落札し人に所有権が移ればすぐに立ち退きを迫られます。転居に応じないでいると強制執行が行われ、叩き出されてしまいます。 任意売却の場合、売却前に転居時期の交渉を行う事が可能です。いろいろな準備を考えると、早めに任意売却する方が賢明です。 A.引っ越し費用 競売の場合には、転居のための費用を交渉するのは難しいでしょう。落札人が引っ越し代の提供を申し出る場合もありますが、大抵の場合それは住人を安く追い出すためです。落札者は、強制執行を行えば良いのですから、転居費用の交渉にはまず応じません。 任意売却の場合、あらかじめ転居費用を約束した上での売却が可能です。

【空家条例について】

Q1.空家条例とは?

Q2.空き家等の適正管理に関する条例とは?

Q3.管理不全な状態とは?

Q4.空家条例についての所有者の義務とは?

Q5.行政代執行とは?

Q6.どこで条例があるの?

Q7.どうして空家が多いのでしょうか?

Q8.実家が空家なのですが?

Q9.空き家管理サービスってなに?

Q10.空き家管理で、空家条例はクリアできるの?

Q1.空家条例とは?

A. 空家条例とは、正式には「空き家等の適正管理に関する条例」と言います。それぞれの市町村で少し内容が違いますので、細かい内容は自己責任で確認してください。

Q2.空き家等の適正管理に関する条例とは?

A.近年,所有者の高齢化や核家族化,または経済的事情などの理由による空き家等が目立つようになり,管理不全による影響が近隣住民に不安を抱かせたり,迷惑を受けたりすることによる市への相談が増えております。
 この条例は,空き家等が放置される事により建物の一部が破損し,隣家や公道への飛散を防止すること及び敷地内に繁茂した樹木や雑草の撤去など,所有者に適正な管理を求めるものです。
 この条例制定により,市民が安全で安心な生活を送れるよう,犯罪や放火を誘発する要因を除去し,生活環境の保全と安全安心なまちづくりを推進するものです。

Q3.管理不全な状態とは?

A.
・古くなったり台風や地震などの自然災害等の影響で建築物の倒壊又は破損により,生命,身体又は財産に被害を及ぼす恐れがある状態
・施錠ができていないために建築物に不特定の者が容易に侵入できる状態にあり,火災又は犯罪が誘発される恐れがある状態
・草木等の著しい繁茂又は害虫等の発生等により,近隣の生活環境を害する恐れがある状態

Q4.空家条例についての所有者の義務とは?

A.
・空き家等の所有者として自己の財産であることを忘れずに空き家の様子を定期的に見たり,自分で管理できない場合には,業者等に依頼するなど所有者としての責務を果たすことを義務付けています。
・万が一,空き家等が適正な管理がされていないまま放置された結果,事故等が発生し,第三者に何らかの被害が出た場合は,所有者が責任を負わなければなりません。
(注)所有者とは,空き家等の所有者,管理者,相続人をいいます。

Q5.行政代執行とは?

A.
行政代執行とは、簡単に言うと空家の所有者に管理や解体等をしなさいと言っても所有者が従わなかったときは 行政で解体等を行い、所有者に請求するものです。ここに行くまでにはいろいろな手続きがありますので、
・・・なかなかここまで行く前に所有者は従います。

Q6.どこで条例があるの?

A.茨城県では、土浦市・結城市・下妻市・常総市・つくば市・かすみがうら市・八千代町にあります。茨城県にはその他にも条例が定まっているところがありますが、行政代執行規則が入っていません。

Q7.どうして空家が多いのでしょうか?

A.空家が存在する理由は沢山あります。
 ・土地の売却価格より、解体費用の方が高い。
    例 土地の相場100万円-解体費用120万円=-20万円
  ・処理するのは面倒だから。
  ・建物が建っていた方が税金(固定資産税)が安いから。
  ・再建築に有利だから。
    市街化調整区域で建物を建て替えるには、建物が継続して建っている必要があるから・・・など。

Q8.実家が空家なのですが?

A.実家を相続して住む人もいないので空き家になっているとの相談は多いです。
今のところ誰も住んでいないが、そのうち自分が住むような場合にも空家の管理が必要です。
  空家がご近所であればご自分での管理も可能ですが、遠方地となるとお金と時間が掛かりますので、ご自分で管理するには限界があります。
  そこで新し登場した空家管理サービスが登場しました。

Q9.空き家管理サービスってなに?

A.皆さまそれぞれの事情により空家を所有してしまった時に利用していただくのが空家管理です。
  サービス内容の細かなところは業者により多少違いがありますが、要するに空家を定期的に確認し、写真付きの報告書で報告してくれるサービスです。
  料金は月に1度の訪問で建物外部のみであれば3,000円~6,000円・建物内外部であれば6,000円~12,000円とばらつきがあります。
同センターを運営している株式会社ティエムハウジングでもサービスを提供していますので、詳しい内容はお問い合わせください。今のところ誰も住んでいないが、そのうち自分が住むような場合にも空家の管理が必要です。
 

Q10.空き家管理で、空家条例はクリアできるの?

A.各市町村の判断になりますが、空家条例で求めている内容として近隣住民に迷惑の掛からない管理としている部分に関してはクリアできると考えています。
  管理会社は、近隣へのあいさつ、玄関先の清掃、空気の入替などと共に火災保険の加入を条件としていますので、近隣への迷惑になるようなことは大幅に減ります。
 

【アパート空室】

Q1.アパートが空き部屋なんですが?

Q2.アパートは売却できますか?

Q3.アパートの修繕?

Q1.アパートが空き部屋なんですが?

A.アパートが空き部屋になるには幾つもの原因があります。
間取りの問題・家賃の問題・環境や利便性の問題・建物の古さの問題など・・・。
筑西市を例に挙げると、圧倒的な借主不足?で、アパート数が多いために、極端な飽和状態です。しかしながら、満室のアパートや借家があるのも確かです。
どのような物件でも、条件の悪いものはありますがそれ以上に良い所を作ってあげることで、他との差別化ができると思います。

Q2.アパートは売却できますか?

A収益が上がらない、後継者がいない、相続したものの管理が大変などの理由で売却する方も多くいらっしゃいます。
アパートを維持するのは思ったより予算もかかりますし、管理も大変ですので見合った収益が出ていかも疑問であったりします。
その様な場合には、売却も視野に入れてアドバイスをいたします。

Q3.アパートの修繕?

A.高額なリフォーム代金を必要とする時があります。
 アパートを維持するのは、駐車場を維持するのとは歴然の違いがあります。人が居住するアパートでは、大家さんは責任をもって直さなくてはいけない部分(屋根や躯体、空調等)が多くあります。
どんなに家賃が安く設定していても、雨漏りや床が壊れた場合には修繕しなくてはなりません。アパートで貸しているからには人が住める状態を求められます。
大家さんの負担も大きくばることがあります。
 誰がどこまで責任を負うのか?リフォームや修繕に関してもご相談ください。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com